本文へ移動

この症状が出たらそろそろ塗り替え時期

コンクリートの押出・露筋(爆裂)
コンクリートの押出・露筋(爆裂)
 雨水等の侵入でコンクリートが中性化し(通常はアルカリ性)躯体内部の鉄筋に錆が発生。その錆が大きく膨張し、コンクリートを押し出して欠落させ鉄筋がむき出しになっている状態です。
 クラックや防水層からの漏水で雨水等の侵入が主な原因となり、浮きと同様建物のダメージが大きいものと見られます。
 漏水処理を行い、露わになった鉄筋付近のコンクリートを除去し、鉄筋部を錆落とし、防錆処理をした後に、鉄筋周りのコンクリート部分に中性化防止材を塗布して樹脂モルタルで欠落部を成形した後に、下地に合わせた塗装を行います。
TOPへ戻る