本文へ移動

この症状が出たらそろそろ塗り替え時期

チョーキング(白化現象)
チョーキング(白化現象)
 外壁に塗装を行って5~10年ほど経ちますと、外壁に触った時に手に白い粉が付着するという事が起こります。これを チョーキング現象 と呼ばれるもので、外壁塗装の代表的な劣化現象のひとつです。
 
 チョーキング現象は外壁に塗装してある塗膜の中に存在する顔料が粉化して表面に出てくる現象です。
色の付いていないクリア仕上げの場合は顔料が含まれていませんので、この現象は起こりませんが、色の付いている塗料の場合には、ほぼ全てにおいて経年劣化とともにこの現象は起こります。
 
 この現象が現れましたら塗膜が劣化しているサインですので、外壁の塗り替えをご検討されるとよいでしょう。 
 
TOPへ戻る